返金処理

elepay では返金機能も提供しています。お客様のサーバー側の処理で Server SDK を利用して返金することも可能です。

Server SDK を利用して返金

1. 返金リクエスト

お客様のサーバー側の処理が elepay Server SDK を呼び出し、返金をリクエストします。

2. 戻り値の判断

elepay サーバーは、返金リクエストに対して Refund オブジェクトを返します。
返金リクエストを正しく受け取った場合、Refund オブジェクトの failure_msg は Null になります。

3. Webhook イベントの受信

返金が成功した場合、elepay は Webhook に設定された URL に refund.succeeded イベントの通知を送信します。

4. 返金ステータスの取得

お客様のサーバー側の返金処理ロジックに、返金ステータスの取得処理を追加することをおすすめします。何らかの原因で Webhook イベント通知を受け取らなかった場合、Server SDK を使って返金ステータスを取得することで、返金結果として処理することができます。

管理画面での返金

「支払い管理 / 支払い一覧 」にて指定された支払いレコードを返金することができます。

📘

返金可能な期限

返金可能な期限は、売上作成日より90日以内となります。

❗️

返金リクエストと返金済み

返金処理は非同期処理です。返金をリクエストされても、すぐに返金済みにはならない可能性があります。


What’s Next