APIガイド

概要

elepay のAPI は、REST をベースに構成された決済 API です。支払い、返金など、運用における様々な処理ができます。

認証

API を利用するには、ユーザー登録を行い、APIキーを取得する必要があります。APIキーには二種類あります、テストキー( Test key )と本番キー( Live key )です。テストキーはテスト環境( Test )で使えます。本番キーは本番環境( Live )で使えます。テスト環境と本番環境についての詳細は初期設定をご覧ください。

No名前用途
1テストキー本番の支払い処理を行うサーバーへは接続されず、実際の支払い情報として計上されることもありません。
2本番キー本番の支払い処理を行うサーバーへ接続します。
(本番申請を行うことで利用できるようになります。)

パブリックキーは、アプリの決済画面の HTML 内に組み込む公開用の API キーで、トークンを生成する際に使用します。API呼出すの認証は、シークレットキーをユーザーネームとして扱い、パスワードは省略して、Basic 認証経由で行われます。 シークレットキーは、全ての API リクエスト操作が可能となる重要なキーなので、取扱いにご注意ください。

No名前用途
1パブリックキーHTML内に埋め込むトークン生成用のパブリックキー
2シークレットキーサーバー側からBasic認証のユーザーネームとして渡すシークレットキー

📘

Basic 認証

Basic認証では、ユーザ名とパスワードの組みをコロン ":" でつなぎ、Base64でエンコードして送信する。

  1. 下記ようにシークレットキーと「空白」をコロン ":" でつなぎます
    sk_live_xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx:

  2. この値をBase64でエンコードします
    c2tfbGl2ZV94eHh4eHh4eHh4eHh4eHh4eHh4eHg6

  3. エンコードされた値下記のように HTTP Basic 認証ヘッダーとして送信します
    Authorization: Basic c2tfbGl2ZV94eHh4eHh4eHh4eHh4eHh4eHh4eHg6

プロトコル

セキュリティのために、elepay サーバーに対する全ての API 通信は、必ず HTTPS で行うようにしてください。

メソッド

elepay API へのリクエストでは、GET、POST、DELETE の3種類の HTTP メソッドを利用できます。

レスポンス形式

API からのレスポンスデータは全て JSON 形式で返されます。

タイムスタンプ

日次に関するデータは、UTC タイムゾーンの UNIX タイムスタンプ形式で表示されます。一部入金予定日や入金実行日など秒数の関係ないものは、Date 型(例: 2018-12-01) で表示されます。

API リファレンス

下記の API を提供しています。詳しくはAPI developer.リファレンスをご覧ください。

NoAPI 名前メソッド備考
1Charge
list支払い一覧の取得
createChargeオブジェクトを作成
retrieve支払いを検索
2Refund
list返金一覧の取得
createRefundオブジェクトの作成
retrieve返金の検索

What’s Next