顧客作成処理

elepay の Customer 機能を利用して顧客を作成することで、継続的に課金を行ったり、登録されている支払方法を使って支払いを行ったりできます。elepay の Customer 機能は Client SDK と Server SDKの両方を利用します。

顧客作成の流れのイメージ

Customer FlowCustomer Flow

Customer Flow

Server SDK を利用して支払い

1. 支払方法を登録

利用者はモバイルアプリかウェブで支払方法登録を行います。

2. 顧客の作成

お客様のサーバー側の処理が elepay Server SDK の Customer 機能を呼び出し、利用者とリンクする顧客を作成します。複数支払方法を登録する場合、既存の顧客を利用してください。

3. Source オブジェクトの新規生成

お客様のサーバー側の処理が elepay Server SDK の Source 機能を呼び出し、Source オブジェクトを作成します。

4. Source オブジェクト

elepayサーバー戻した Source オブジェクトをクライアント側の Client SDK に渡します。

5. 登録(オーソリ)処理

クライアント側の Client SDK は、Source オブジェクトを使って登録処理を行います。

6. 登録(オーソリ)結果

登録処理が終わると、指定された決済チャンネルサーバーから登録結果を返します。

7. Webhook イベントの受信

登録が成功の場合、elepay は Webhook に設定された URL に source.activated イベントの通知を送信します。

8. 継続的に課金を行います

CustomerId と SourceId を利用して、お客様のサーバー側の処理が elepay Server SDK の Charge 機能を呼び出し、決済処理を行います。

📘

登録できる支払方法

下記は現在サポートしている支払方法

  • クレジットカード
  • AmazonPay
  • d払い(d払いへの申請が必要)